【Hydrapak】ソフトフラスク

普通のボトルとは違い、柔らかくゴムのような感触

これはすごい便利ですよ!

softflask_box_250x275

 

Hydrapakから携帯に便利な「ソフトフラスク」が新しく生まれ変わって登場!

サイズは4種類

名称未設定-1

・SF150(150ml) 重量22g 寸法約170mm×73mm (価格¥2,100税抜)

・SF250(250ml) 重量24g 寸法220mm×73mm (価格¥2,400税抜)

 

350,500

・SFR350(350ml) 重量50g 寸法197mm×89mm (価格¥2,800税抜)

・SFR500(500ml) 重量56g 寸法197mm×108mm (価格¥32,00税抜)

 

素材はPTUを使用しています。

PTUはゴムみたいに柔らかい樹脂でできています。

・SF150とSF250は容器がすごい柔らかくイメージ的にはゴム風船といった感じです。

・SFR350とSFR500は容器の中央部分は柔らかく、容器の上と下の部分は形を保つためにハードタイプになっています。

 

 

特徴は何と言っても「素材」

PTUを使うことにより耐久性と柔軟性のある物になっています。

普通のボトルをポケットなどに入れると場所を取ったり、ボトルが体に当たって痛みが出たりしますが、

ソフトフラスクですと高い柔軟性で隙間に入り、ポケットに入れても気になりません!

絞り込めば中のジェルやドリンクを最後まで無駄なく飲みきれます。

使用後はコンパクトに畳めて持ち運びにとても便利!

コンパクト1

 

使い方

普通の自転車のボトルとソフトフラスクではノズルの仕組みが違います。

ソフトフラスクはノズルの部分を軽く噛みながら容器を絞ると中身が出てきます。

容器が柔らかいので、つぶれて中身が漏れるんじゃないかと思われますが

この機構により中身が漏れることを防いでいます。

ノズル

 

さらにSF350とSF500には便利な機能もついています。

ロック機能

 

気温が上がり水分と栄養補給が欠かせなくなってきました!

オリジナルドリンクや、ジェルを作って走りに出掛けてみてはいかがでしょうか